最終更新日:2006/04/16

2006年4月のぱじぇろ号ドライブ記録

HOME › ぱじぇろ号が行く! › 2006年4月

MENU

ブログ

待出会

2006年4月 目的地はサファリ篇

石橋探訪に付き合ってくれる友人は、無類のネコ好き。
石橋巡りばかりでは潤いに乏しく、大分は安心院(あじむ)のアフリカンサファリに猫様の館があると 聞き及んだこともあり、今回はいつもとちょっと違うドライブを計画してみました。 けれども、行きか帰りに沈堕発電所跡の見学も、と計画に組み込んだばかりに 距離をかせぐために国道・高速道を併用すると決めたにもかかわらず、 いつもと同じようなよろめきドライブになってしまいました。
まずは国道57号で竹田市を目指し、さくっと国道502号へ入ったところで、最初の罠「宮瀬橋」が待ちかまえておりました。
その後も緒方橋、鳴滝橋がぱじぇろ号を誘惑します。 沈堕発電所跡に至っては、撮影スポットを求めて対岸の未舗装道にまで寄り道することに。
誘惑を振り切ってようやく乗り込んだ大分自動車道は、霧のために別府〜湯布院間は通行止め。 今回の最大にして一番の目的地に着いたのは熊本を出発してほぼ六時間後。 雨・霧、五月のGW前、と云うことで、来客者も少なく、たっぷり猫様達と交流できたのが 唯一の救いです。忍耐強くドライブにつきあってくれた友人にここに改めて深く感謝!
走行距離は、364km。朝8時に熊本を出発し、帰り着いたのは午後7時過ぎでありました。

地図はこちら
画像をクリックすると、(少しばかりの)拡大画像を見ることが出来ます。

宮瀬橋

宮瀬橋
(2006/04/16)
最初の罠。
山手河川公園内に移設復元。

緒方橋

緒方橋
(2006/04/16)
国道502号線沿い。撮影スポットを探すのがちょっと大変です。

鳴滝橋

鳴滝橋
(2006/04/16)
緒方橋より下流。
撮影スポットを求めてうろついていたら、近くのお祖母様が雨の中、わざわざ「何しに来たんの?」と現れました。橋の名前を教えてもらい、「橋を撮影しているんです」と話すと、何度も「ありがとう」とお礼を言われてしまいました。
怪しい(?)二人組が「害なし」とわかって、神様仏様に向かって云われていたの……かも。

沈堕発電所跡

沈堕発電所跡
(2006/04/16)
駐車場も併設され、その敷地には大林宣彦夫妻の記念植樹もありました。映画の撮影に使われたのでしょうか?(邦画には詳しくないので)
2006/04/19 : 特集ページはこちら

矢田橋

矢田橋
(2006/04/16)
沈堕発電所跡を出発し、サファリまでもう石橋・土木遺産には「転げない!」と宣言しながら、捕まってしまいました。

安心院アフリカンサファリ

安心院アフリカンサファリ
(2006/04/16)
霧と雨のサファリ。
視界は全然良好ではありませんが、映画「ジュラシックパーク」を思わせる雰囲気満点で、結構スリリング。

access counter


ピンポイント天気予報


月齢カレンダー

Today Moon phase

FireFox

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード

Copyright(C) 2003-2017 Catworks.Info All Rights Reserved. | Contact us. | Control Menu