最終更新日:2006/03/07

2005年8月のぱじぇろ号ドライブ記録

HOME › ぱじぇろ号が行く! › 2005年8月

MENU

ブログ

待出会

2005年8月 中九州東奔西走ドライブ

大分・別府方面には3ヶ月も仕事で通い詰めたのに、同県南部はまだ行ったことがありません。
土地勘も何もありません。とにかく走り回ってきました。
行きは前日夜中に山都町経由で日之影の青雲橋の道の駅へ(ここで車中泊)。
翌朝、「国道はなるべく使わない」「九州最東端まで行ってみる」の2つの目標を立てて、まず、日之影宇目線を北上。 小野市重岡線・野津宇目線・三重弥生線・笠掛直見停車場線・赤木吹原佐伯線・佐伯蒲江線・梶寄浦佐伯線で、昼に鶴御崎に到着。
帰りは荻町の白水堰堤を再訪すべく佐伯〜原尻までは目標を外れて国道三昧。原尻の道の駅からは、緒方高松線・広域農道・ 竹田五ヶ瀬線で堰堤に着くも、渇水でダムの美しい姿を拝めなかったのは残念。
その後、高森竹田線から再び国道に出、素直に立野を下って熊本へ。走行距離は464kmです。

作成途上ですが、地図はこちら

青雲橋

青雲橋
(2005/08/16)
ここはまだ宮崎。
日之影川沿いに北上しました。川遊びしたくなります。

猫バスが停まるところ

猫バスが停まるところ
(2005/08/16)
バス停「ととろ」。残念ながらバスには出会えませんでしたが。

暑いですねぇ

暑いですねぇ
(2005/08/16)
番匠川にかかるどんな小さな橋にも必ず4体の河童の像が欄干に飾られています。いわくは不明(調査中)。何体も撮りましたが、この画像は中でもお気に入り。

恐怖の吹原峠越え

恐怖の吹原峠越え
(2005/08/16)
なるべく県道を走ろうと思ったのが運の尽き。
生まれて初めて「二度と通るのは勘弁して」ほしい道に出会ってしまいました。赤木吹原佐伯線(県道603号)です。
主観で道幅はぱじぇろ号きっちり、右側は崖が切り立ち、左側は縁石すらない下り斜面。車道中央は苔が生えていたりします。スリルありすぎ。
峠の隧道も何やら怪しげ。

鶴御崎

鶴御崎
(2005/08/16)
一応の目的地「九州最東端(東経132.5度北緯34.55度)」鶴御崎の灯台です。
同地には映画「喜びも悲しみも幾年月」のロケが行われた水ノ子島灯台の職員退息所が「海事資料館」として残っています。併設の「渡り鳥資料館」と共同でたったの200円で見学できます。鄙びた場所にありますが、一見の価値あり!

原尻の滝

原尻の滝
(2005/08/16)
渇水です。
昨年10月に訪れた時とは水量が全く違います。

白水堰堤

白水堰堤
(2005/08/16)
こちらも渇水。
構造をしっかり確認できたので「良し」とします。
2006/04/19 : 白水堰堤特集ページはこちら

阿蘇望橋

阿蘇望橋
(2005/08/16)
波野の原野に突如として現れる屋根付き木造橋。
カメラを抱えたイーストウッドは見あたらないし、メリル・ストリープが住んでいそうな人家も近在にはありません。

access counter


ピンポイント天気予報


月齢カレンダー

Today Moon phase

FireFox

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード

Copyright(C) 2003-2017 Catworks.Info All Rights Reserved. | Contact us. | Control Menu