最終更新日:2014/03/23

お山に招かれるもの・招かれざるものたちについて

HOME › 菊池のおへそ › お山の住人たち

MENU

ブログ

待出会

お山の住人たち

First  Prev   / 8p  Next  Last 
※画像をクリックすると、拡大画像を見ることができます。
コゲラ (2010/01/18)

レンズカバーが閉じなくなった光学6倍のコンカメではこれが限度……orz。
栴檀の上の方の枝を、番でせっせとつつきまくり。
営巣の下見でしょうか?
ゴマフカミキリ (2010/01/14)

煉瓦の絶壁に挑むカミキリ氏。
植物図鑑の充実に励む過去画像探索中に、未登録画像発見です。
撮影日は2007年4月8日。
気分はガリバー (2009/01/25)

お山の新年会には残念ながら二時間ほどしか参加できなかったのですが、来たからには、領地視察だけはしとかなくちゃ。
で、発熱でやや朦朧としながら、杉林の段で万両を確認して一歩踏み出したら、いきなり、足下から数個の小さな影がわらわらと四方八方へ!
ハタネズミかカヤネズミか。
画像は、一番とろくて(?)、一分ばかり、ワタクシと見つめ合う羽目になった一匹です。ご苦労さん。
ホオジロの巣(多分ね) (2008/06/25)

お山の刈払機をリニューアルした翌日。今秋の図鑑アップを目指す金木犀(アップして枯らしては恥ずかしいし、樹高60cmにも満たないので)の周囲をばりばり刈り込んでしげしげ見ると、あら、立派な巣に卵が!
慌てて待避し、伺うこと数時間。親鳥らしき姿が巣に戻ってきてくれました。
その後、週末×2回をお山で過ごした母によると、親鳥を何度も金木犀周辺で目撃した!とのことです。
小作人は激写した(その2) (2008/03/16)

こちらは、雄。
初めての撮影です。
平日は、きっと「お山」を縄張りにしているのですね。
小作人は激写した(その1) (2008/03/16)

本日、”姿は見えねど”の雉様をついに撮影いたしました。
警戒心の強い方々なので、光学6倍でどうにかこのサイズ。
まずは、奥様から。
う・る・さ・い……かも (2008/03/10)

お山のフルーツバイキング場で、カラス様ご一行に次いで、食べ散らかしまくり、啼きまくる鵯様。
ナルちゃん (2007/11/25)

「……ボクって美しい」と見とれているのではなく、実は、ライバル登場!と勘違いして、自分を売り込み中のジョウビタキ君です。
フルーツバイキング (2007/11/24)

昨年と打って変わって、今年は柿がまあまあ豊作。
柿もぎりに精を出しましたが、気ままにでっかくなった柿の木の上部はお鳥様のもの。
今日はメジロのご一行様が舌鼓。
危機一髪 (2007/10/30)

真夏の間はほとんど見かけなかった蜘蛛の巣。台風被害の恐れがなくなった、ここ数週間、呆れるほどにあちらこちらに造営中。
そんな巣の真ん中に飛び込んでしまった雀。
恐るべし蜘蛛の糸。雀が賢明に羽ばたいても千切れません。
柿の実もぎり用の竹竿で糸を切ってあげました。少しは感謝してくれてるのかなぁ。

access counter


ピンポイント天気予報


月齢カレンダー

Today Moon phase

FireFox

Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード

Copyright(C) 2003-2017 Catworks.Info All Rights Reserved. | Contact us. | Control Menu